「太陽の塔」読了

森見登美彦の作品,「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「夜行」ぐらいしか読んだことがなかったんですけど,やっとデビュー作品を読みました.

一回読んだ段階だと,「森見登美彦って最初から完成されてたんだなぁ.内容良く分かんなかったけど」という感じです.

捉えどころがないというか,結局着地点がどうだったのか分からないんですよね.森見登美彦の作品って煙で出来たスルメみたいなもんで,噛めば噛むほど味が出るが出所が分からない感があります.

ええじゃないか運動,何だったんだあれ.ストーリー読んでいく時々で目が滑ったので,何がどう転んでああなったのか全く分かりませんでした.水尾さんとどうなったのかも全く分かりませんでした.結局なにがどうなったんだ…….

正直,文体と主人公身辺の阿鼻叫喚で酸鼻極まるさまを楽しんでいただけな気がします.本筋とは違うところに詫び錆を感じてしまったというか,それが本懐みたいな気がします.

とりあえず,電車に乗っている時間がハチャメチャに長いので暇つぶし的に別作品も読もうかなと思ってます.何読もうかな.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です