2019M3秋レポ

2019秋M3お疲れさまでした。アツかったね。僕は色々な方と握手できて満足でした。

というわけでレポートを書くことにしました。Twitterで展開すればいいかなーとも思ったけど、検索するのめんどくさいしモーメントは死んだしでこっちに書くことにするよ。

会った人の印象も全部書いておくから、気が向いたら見てくれ。Twitterでメンションもつけておきます。

なお、僕は今回、会場を回っていないので音楽についてのレビューはしません。ブースに来て音楽いただいた人は申し訳ない。

以下、当日に何したか色々と主観ぶち込んで書いていくヨ。

8時30分起床と若干寝坊して、焦りながら会場へと向かう。東京住みの利点って朝寝坊してもいいところだよなーって思った。山の手沿線に住んでればM3会場まで1時間以内にはつけるしね。

浜松町に降り立つとトランクケース持っている人がたくさんおり、僕と同じオタクの波動を感じる人に囲まれる。これがM3ってやつか…オラワクワクすっぞ。早速名前Tシャツをパージし俺が西森夢理だということをアッピールしていく。

人波に流されるままに東京モノレールへと向かい、めちゃくちゃ分かりにくい乗り場でモノレールに乗る。

会場へ到着

東京モノレール、本来は景色がすごい美しいはずなんだけど、人が多すぎて外が見えないんすよね。あとツイ活に忙しくていつの間にか会場に着いてました。あと天王洲アイルは金髪美少女。

東京モノレールに乗っている人の9割が東京靴流通センター前でぞろぞろと降り始める。あまりにも人が多すぎて僕は終始険しい顔になっていた。

駅を出た瞬間に目の前が開けててその先に会場があるんだけど、この時になって、ようやくM3が始まるんだなーという実感が生まれる。今まで誰にも会うことなく準備だけしてきたから、その時になってやっとという感覚がね、あるよね。

時間は10時になっていたのでそのまま自スペースへと向かう。第二展示場の1階を通り過ぎる際、カタログ販売でキャッシュレス決済が可能なことに驚く。時代だねぇと感慨にふける。

第二展示場の2階に着くと、すでに多くのサークルが準備を始めているか終えている状況だった。そんなに早く着いて何すんの?と思いながら自分のスペースに着くと左隣のekartさんのスペースが準備完了していた。あと、そのさらに隣のM∀+N∃V^2+Rさんのところも終わってた気がする。

挨拶したりなんだりして黙々と自分もスペースの準備をする。

ゆっくりと会場を見渡す。準備中の会場の雰囲気ってすごい良いんだよね。このサークル参加側しか味わえない雰囲気が本当に最高。このためにM3来てるといっても過言ではないほど。

途中でゆうゆうが訪ねてきて、「ギリギリで入場して焦った」「会場前のこの空気たまらねぇ」「ノートPCあると見栄えいいですね」などと話す。ゆうゆうのスペースにもお邪魔してスペースがスパースなことを笑う。その場で写真をパシャり。

そうこうしているうちに会場前になりそうだったので戻る。途中でR-gearさん(武器コンピ)の人を見かけたので会釈。一度トイレで会場を出たとき、階段いっぱいに人が詰まっていてビビる。こんなに人が集まってくるってすごいよねM3……。

トイレから自スペースに戻った直後くらいにちゃんりのさんが訪ねてきてくれて差し入れをいただく。

開場

ちゃんりのさんと話していたら10時58分ぐらいに人が雪崩れ込んでくる。開場はしてないけど人が多すぎたためか、一時的に中に人を格納した模様。こんなこと初めてだったのでちゃんりのさんやekartさんとナンヤナンヤと騒ぐ。

その後、開場のアナウンスが鳴ってみんなで拍手する。ピンポンパンポーン♪っていう音でみんな察してフライング気味に拍手するのマジたまらねぇ。

開場してから壁サーを中心に人がむらむらと群がっていく。特に、IOSYSが端っこにいたのでそこだけ列がすごくて、整列してたスタッフの人の「列通りまーす!」っていう声がひたすら会場に響いていた。それを聞いてekartさんとヤバイヨヤバイヨって言いあっていた。

僕のサークルスペースは会場の中ほどにあったので、壁サーから人が流れてくるまで待っていた。それから数十分ぐらいして、徐々にこちらにも人が来るようになってきた。

ここらへんから人がひっきりなしに訪れたので、来た人のメモとツイ活で頭がいっぱいになってしまって記憶欠落部分が多いので箇条書きで書いていく。
※人の印象は一番最後に書く。

あったこと

・隣3サークルが欠席

・いっぱい人が来る
・来た人と握手し忘れる
・来た人にグッズを渡し忘れる
・展示用のノートPCの電源が切れる
・試聴だけして去られて心が折れる
・テレ朝の人が撮影許可証を返してなくて運営にアナウンスされる
 ※これとは別にフリースペースのほうでひと悶着あった模様。
・あやんちゅのスペースに来いと煽られスペースをほっぽり出して第一展示場に走る。
・第一展示場に行く途中でかすみねさんを目撃する。

来た人(敬称略)

BorgScore
あんどりゅー
ピアノゴリラ
かち割り氷
9tail
hidekazu
おーん
ババロアレコード
・ボカロ曲作ってた時代のファンの方。うれしすぎて死ぬ。


YMCKの除村さん (チップチューンで活動されている方。西森はmagical8bitplugの方と記憶していた)。あまりにも有名な方の来店にビックリ仰天する。今年中にmagical8bitplugの64bit版を出すよう尽力されてるとのこと。

DyingSuitcase
クリアランス
あいうえおか。チョコの差し入れをいただく。

Haru
λ
かわせみ。M3の記事が役に立ったと言ってもらい舞い上がる。
NesLa僕のスペース前にいたかわせみさんと挨拶してて何とも言えない感情になる。
R-gear
語り人
take
中村椋
シバガキ。絶対また来ると言って結局来なかった男。
Litsar
林ひかり
ひき
シャケ
相葉まこと。友人の死を弔ってもらう。
wararyo。胸にトラックパッドが光ってた。談合してpixiv Payでキャッシュレス決済してもらう。

開場中の感想

かなりの人が来てくれた(当社比)。時には後ろに2人ぐらい並んでるときもあって、しかも並んでるからってスルーしてた人もいた様子。マジでめっちゃ感謝や……。嬉しすぎて当日は優しさに包まれていた。

ひたすら話してDLカード売って握手して…ということを繰り返していたら、いつのまにか時間が経っていたという感じ。一時間ほど時間を間違えていたほど。

後ろに人が並んでいるとどうしても焦ってしまうんだけど、あの時どうしたらええんやろ……。みんなのんびり待ってくれてるのかな? 僕はせっかち派でまだかよって思ってる人間なので、どうしても内心焦ってしまう。

後半1時間ぐらいはほぼ誰も来なかったのでぼーっとツイ活したり、お金を数えていた。

自分は名前Tシャツが一種の宣伝みたいなものなので、長い間スペースで立ってたんだけど、足があまりにも痛すぎて足痛おじさんになっていた。後半座っていたんだがそれでも足のダメージが強すぎた……。

閉場

閉場30分前にもなると、みんなスペースを片づけ始める。閉場してから片付けすると帰りのモノレールが鬼のように混んだり、荷物配送締め切られるからなんだけどね。僕はシバガキさんが来るって言ってたので割と最後のほうまで片付けしてませんでした。

そのうち閉場のアナウンスがピンポンパンポーン♪と鳴ってみんな拍手し始める。開場と同じでやっぱりフライング拍手。ピンポンパンポーン♪が開場と閉場って少し遅くなっているので分かりやすいんだな。

その後、荷物をまとめて第二展示場を出る。すごい人の群れが会場を降りていく様はまさに壮観。片づけの様子もなんか哀愁があってすごい好きなんだよね。

試聴CDを取りに第一展示場へ。途中で建物の横でへたり込んでいるシバガキさんを発見する。途中で体力が尽きた模様。無念……。

試聴CDを回収して第一展示場の外に出るとDyingSuitcaseさんが立っていた。どうやら入り口付近に固まっているのが夏休みアレンジ祭の面々であることを知って驚愕する。ちなみに上記の「中央入口の人達」っていうのがその集まり。

以下いた人たち(敬称略)。

色々と話していたら遠くのほうでかすみねさんを目撃。最後だし挨拶しよーと思って走って駆け寄っていった。なんか青春漫画の一ページっぽい感じだった。

そこでかすみねさん、シャケさん、mikaRingさんの集団にあいさつする。mikaRingさんとは初対面だったんだけど第一展示場内を歩いてるのを見かけていたのでどうもどうもという感じだった。

夏休みアレンジ祭勢の面々のところへと戻って色々話していたが、M3の打ちあげにそろそろ向かおうという話になって向かい始める。

打ち上げ(カオス飲み)

神田にあるイベントスペースを借りてのM3打ち上げ、カオス飲みに向かった。僕は足が限界を迎えていて途中でへたり込みながらなんとか到着。

イベントスペースだけ借りている状態だったので、飲食物とかその他娯楽品については各自持ち寄りという形になっていた。

下の写真はカオス飲みの様子。

画像1

イベントスペースが地下だったんだけど、すごいシックな感じの場所だった。冷蔵庫や電子レンジ、水回りも完備だし、DJスペースもあるしでなかなかに良いところ。

ちなみに上記の写真は飲みが始まった直後くらいなので比較的落ち着いている感じ。この後もっとひどいことになる。写真はないけど……。

最終的には60人ぐらい集まったのかな。ほえーこんなにDTMerいるんだなぁっていう感じだった。いやそれ言うならM3のほうがって感じだけどね。

実に様々な人たちが集まっていた。年齢も性別も見た目も音楽ジャンルも……。まぁ全体的には男が多かったし、西森のようにオタの者もおるので、参加しづらいっていうことは全然なかったです!! もちろん女性の方もいました!

段取り的には、人の集まりが微妙だったのでひとまず18時に乾杯の練習ということで集まっている人だけで乾杯。その段階だと30人ぐらいいたのかな。その後、人が集まるにつれて乾杯をして、最終的には3回目で本当の乾杯を行った。そのころには主宰がベロッベロに酔っぱらっていた……。

僕はあまり自分からという人間ではないので、下のようなTシャツを着て話しかけてくれるのを待っていた感じだった。

画像2

横にはシバガキさんと椋さん。名前Tシャツ3人衆です。

名前Tシャツの効果もあってか、色々な方が話しかけてきてくれた。まぁ僕も自分からというほどではないにしろ、少しは声をかけて話しかけたよ、うん。途中でキャパシティを超えてトイレに閉じこもったりしてたけど……。

とりあえずすごいカオスだったんだけど、カオスな出来事をちらちら書いておきます。

・きのこたけのこ戦争勃発
・主宰がベロッベロに酔っぱらう
・ボドゲ大会が始まる
・ウイスキーをショットで飲む集団
・虚無になって端っこで座ってる人々
・オレンジの衣装に身をまとった2人が意気投合する

・ジャンヌを熱唱する中村椋とZAPPA

・カオス飲み終了直前に紅を歌い始めるZAPPA
・片付けの手際が異様に良い

当日のカオス飲みで新しく話した人は以下かな(敬称略)。

ちびファイ
年本哲也
石原けいこ
あかみ
マストどん
いのうえ
rsy
ユキちゃんかわいい@小金井ささら

M3参加したことある人ならわかると思うけど、サークル参加者同士で話す機会ってなかなかないんですよね。僕はこの機会が無かったら喋ることのなかった人が大勢いたので、この機会を与えてくれた主宰、参加した人にすごい感謝でした。ほとんど音楽の話だったんですけど密な時間が過ごせました。

あと、僕はお酒飲まないので終始シラフでした。「カオス飲み」と言いながらも飲む飲まないは自由なので、すごい今どきって感じ。人によっては合わないかもしれないけれど、それでも一回参加してみる価値はあると思います。そんな節度のある飲み会でした。

その後

11時ぐらいに家に帰って片付けとかして、翌日から仕事という現実に虚無になっていた。なんなん……。

収支について確認したんだけど、今回はトントンというところでした(無配グッズ、飲み会代込み)。ただ作ったDLカードがあと7割ぐらい残っている状況なので、今回は非常に収入の比率が大きいなという感じ。

無題

けど、別にこれで焼肉喰える!収益うまうま!とかではないんだよな。以前の赤字とかいままでそろえた設営グッズ合わせるともちろん赤字なわけで……。いつかはこの赤字を完璧に覆せるレベルで黒字になればいいなーと思っています。

僕の2019秋M3はそんな感じでした。

会った人たち(敬称略)

Twitterで事前に絡みのあった方だけ詳細に紹介していきます。

ゆうゆう
大学生DTMer。今回のM3ではポップな感じのCDを作って参戦していた。ゆうゆうの年齢で曲作るってすごいなーと毎回思っている。カオス飲みでは眠さから虚無になっていた印象が強いがち。今回がM3初参加ということで、次回のM3に向けてさらなる躍進を遂げてほしいなーと思っている。

BorgScore
カッコいい系の美人さん。Twitter上でマスク顔は拝見していたので、会ったときもそこまで違和感がなかった。Twitterとキャラがそこまで違わないという稀有な存在。腕がマジで細くて折れそうだった。左耳につけてたピアスがめっちゃカッコいいなーと思ってたらイヤリングだったようなので、次はぜひ穴を開けてきてほしいところ。NesLaさんと女子会するって聞いてあら~ってなってた。

あんどりゅー
ツイートからは全然うかがえないワイルドさがある漢。たぶん僕は軽々と投げ飛ばされる。Twitterだと西森先輩!って言ってますけどいやあなたのほうが全然先輩ですやん……。話してみるとカワイイ印象あり。「DTM完全に理解した」缶バッジを配ったら被ってた帽子につけてM3会場をうろうろしていた。

hidekazu
顔はTwitterのアイコン通り。柔らかな口調で話しているので次第にこちらもほんわかとしてくる。去年2人で花火に行ったときにお腹がたぷんたぷんだという話を聞いたけど今もそうらしい。それよりも僕が太ってしまい体重マウントを取られ続けていたので、お互いに痩せようという決意をしたところ。そういえば龍角散CMにBGM採用されておめでとうって話すの忘れてた……。

おーん
中性的なお方。ウフフって手に口を添えていたのが印象的。単体テストの途中なんですぐ帰りますって行ってたけど来てくれてマジ感謝だった…でもマジ体にはお気をつけて…単テ優先してくれてええんやで……。

DyingSuitcase
頭を紙袋に包んだメタラー。初めて会ったとき紙袋を手に「こういうものです」って言ったのがツボ。アレンジ祭鑑賞会で何回か会ったので、僕のところでは「こういうものです」してくれなかったなぁと回想。以前のカオス飲みで3時間ぼっちだったと語っていて今回は遠慮したとのことで悲しみを覚えた。

あいうえおか
カッコいい系の美人さん。僕のスペースに来て「これください!」って速攻で言ったのでもしや?と思ったがその通りだった。カオス飲みでは酒が入って調子が良くなったのか色々な人に話しかけていた。ツイートでぼっちぼっち言ってるから同士かと思ったらお前陽キャの者やんけ!ってなった。太ったお腹触られて「何か月ですか~♪」ってやられたので痩せようと思った。

橘雪耶
色気のあるお方でした。髪の毛長い男の人ってなんかいいよね。Twiterで「ヤクザとかフェレットに似てる」って聞いていたのでビビっていたんですが、僕の前では優しかったです。僕の前では。身長もだいぶ高かったような?

Litsar
変拍子の人。夏休みアレンジ祭りで技術部としても活躍している。フーリエ変換の原理についてツイートしたりしてたので数学科の方かな?と勝手に思っている。風貌も数学科っぽい感じがした(偏見)。

take
お腹がすごくて体重がヤバい人。本人はもうネタにしているのか「え?デブは100kg超えてからが本番では……?www」と言っていた。体重のせいで体調がヤバいということを言っていたのでぜひ痩せてほしいところ。

中村椋
セッティングお兄さん、またの名をピザお兄さん(カオス飲みでピザを届けてくれたため)。ツイートでは詩人な雰囲気があるが現実だとおしゃべりクソ野郎。二人きりで話すときはすごい真剣なのでギャップがすごい。ギャップというか空気の使い分けがうまいんだろうな。真面目のにもふざけるのにも全力という感じ。大人ですわ。名前Tシャツ3人衆のうちの一人。

ひき
僕と同郷出身のタメ。アレンジ祭でアレンジ側で参加した曲が個人的にツボ。今回は一般参加側だったとのことでシャケさんとブース回っていたっぽい。トラック全部録音するという独特な作り方で独特な曲を作るので、現在の彼の固定ツイート見てほしい。あとアレンジ祭の曲も……。

シャケ
かわいい系の美人さん。すごい寒そうな格好をしていたので思わず「寒くないですか?」って言ってしまった。「タイツ履いてるんでむしろ暑いです」とのこと。美脚の持ち主。前に会ったときは体調悪そうにしてたけど今は割と回復してそうで良かったなーと安心した。

あやんちゅ
不敵な笑みをたたえているおっさん。何かと人望がある人。僕は彼が音楽やってると知らなくてTwitterで絡みがあったのでうぇえ⁉という感じだった。こういうのが長生きするんだよなーと思わせてくれる。

まゆかちん
Twitterだとマスタリングの話を良くしているイメージ。僕はTwitter上だと女だと思ってたんですよ。男でした。この勘違いするのマジで何回目だ……。第一展示場にあやんちゅに呼ばれてダッシュして向かって、新譜を「これが俺の気持ちだ!」って言って投げてきたのは良い思い出。

かすみね
かわいいおっさん。Eros師匠手作りのアヘ顔ピアスをつけていた。前に会ったときは普通だなーと思ったけどやっぱりヤバい人。

mikaRing
すごい優しそうな人だった。人妻DTMerとして噂は聞いていたけど生で会えるとは思ってなかった。名札ぶらさげてブースうろうろしてたのはちらっと見ていた。

ウィナ
カオス飲み主宰の人。色々と感想はあったはずなんだが、カオス飲み最後のほうでベロンベロンになっているところしか今記憶にないのはなぜだ……。

くろ
色気のあるお兄さん。普段バスケ行くとかいうツイート見ると陽キャじゃん…って思うけど、話してみると陰キャにも分け隔てなく気のいいお兄さんという感じ。頼れそうな雰囲気がすごい。あれだけ色気あって人生充実してそうな雰囲気出しておいて僕より一歳年下とかマジで人生どうにかしてるぜ。

シバガキ
Tシャツにガムテープ貼ってる人。曲の構成力がマジですごい。カオス飲みではプログラミングについてちょっと話していた。この前のツイートからLinux使ってるのなーっていうのも少しわかった。カオス飲みではお互いにシラフだったということもあって、作曲のプロとは…兼業とは…みたいな真面目な話をしてしまった。マジ感謝。名前Tシャツ3人衆の一人。

Zappa
キャラの濃いDJ。アレンジ祭でキャラ濃いなぁって印象があって、実際に会ってみたら「うわぁキャラ濃いなぁ君!」という感じだった。椋さんとかDyingSuitcaseさんからも同様の評価。僕は「とうとう出会ってしまったか……」とこの時思いました。全体的にオシャレな印象。DJやるときはマスクしてるらしいので今度からZappaスタイルと呼ぼうと思う。

マストどん
作曲にめっちゃ詳しい人。腰の低いお兄さんという感じ。僕が四魔貴族バトル1の耳コピをして、進行の解釈が分からなかったときに速攻で解決してくれたマン。他の人のエアリプで音楽理論について話すことに恐れがあるようだけど僕はそんなこと全然ない。技術めっちゃ誇っていいと思うんだよな……。とある方のことをいろいろと話して作曲怖いなーってなってた。

狐狗狸
ツイッター芸人。顔はTwitterアイコンの通り。定期的にTwitterでヤベェことを言いまくっている。今回はカオス飲みでウイスキーの瓶を片手にしていたこと、「アブサンもらっていいの⁉」って叫んでいたことをよく覚えている。酒飲んでる印象がやたらに強い。

ちゃんりの
ピアスめっちゃ刺さってるクール系美女。話していると顔が赤くなっていってかわいい。開場前に差し入れをいただいて無限にうれしくなっていた。右耳のピアスがマジでかわいいんですよね。あれは本当に一見の価値あり。カオス飲みの後半疲れてたのとおっぱいの話でオタクムーブをかましてしまったのが悔やまれるところ……。

ちびファイ
ダンディ感あふれるドラマー。名前からしてちまっとしてそうだけど全然そんなことなくて、「どうもちびファイです」って挨拶されたときギャップにうぇっ⁉ってなった。初めての絡みがM3の会場設営どうしたらいいですかっていうツイートにリプしてもらった形なのでこういう機会に会えるのいいですな。ドラマーゆえのバンド裏事情みたいなものを聞いていてすごいためになった。DTMerもうかうかしてられないなーという感情になった……。

その他会った方々(敬称略)

すごい雑にまとめてしまってるけどマジで感謝しております! ありがとう! こういう出会いってすごい素敵だなって思いました。大事にせねば。

最後に

個人的にはM3ロス感がある。年2回あるM3をゴールとして曲作ったりしている側なのでね。ただ、次の春M3が3/1とすぐで、もう締切も終わってしまったっていうのが余韻を残させない状況ですね。

まぁ、僕は春M3はサークル参加しないので気楽に過ごしています。ちょっと作曲は一時停止していることもあり、いろんなことやりたいなーって思ってます。とりあえずは社会復帰かな……。お金なくてCD買えなかったしね……。働かざるもの食うべからずやでホンマ。