図書館を利用することにした

ここ最近,読書欲が復活しております.綾辻行人の「十角館の殺人」を読んでから続きをもっと読みたくなったんですよね.

ただ問題なのは,本に使うお金があまりないこと…….ずっと前はビブリオマニアというか,どれだけ本を積んでいても気にせずに本に費やしていたんですけど,社会人になってからはもっと別のことにお金を使うようになりました.

というわけで安易な発想ですけど,地元の図書館を使うことにしました.まぁこれは中村椋氏の影響もありますが.

八王子在住なので八王子図書館へGO.

https://www.library.city.hachioji.tokyo.jp/index.html

着いてから数分で本を借りられるようになり非常にスムーズな手続きで良かったです.

図書館とか本屋の独特な雰囲気好きなんですよねぇ.所狭しと本が並んでいる状態というか,本から発せられる匂いというか.中高生のときに意味もなく本屋に行っていたんですけどそれが想起されます.

ちょっとだけ図書館をブラブラしてたんですけど,残念なことに綾辻行人の館シリーズの本が1冊もなく悲しみに打ちひしがれました.なんでや.

仕方がないので,森博嗣の「四季 春」を借りました.

「すべてがFになる」などのS&Mシリーズに出てくる天才科学者・真賀田四季の話らしいです.西森はS&Mシリーズまでは履修したんですけど,その後Gシリーズとか四季シリーズ見てなかったんで,この際だし履修するかといった感じで借りた次第です.

本当は水車館の殺人を借りるつもりだったのに……どうしてこうなった…….

西森が向かったのが「生涯学習センター」内にある図書館だったので,本丸である八王子中央図書館にあればあるのかもしれないので来週向かおうかなと思っています.

あと少し残念だったことで,八王子図書館は電子書籍サービスを提供しているんですが,品ぞろえが少なすぎる.「森博嗣」「綾辻行人」で検索しても1冊も置いてない状態ですからね.本当はこちらを利用しようと思っていただけに残念です.もっと増やして.