線形代数を再学習中

工学部出身なんですけど数学が苦手です.苦手というか,数式を見た瞬間に嫌悪感が…….工学なんて数学との戦いになるはずなんですが,なんとなく生きてきてひょいひょいよけてきたツケが今頃回ってきた感じです.

思えば,自分ではエセ理系だという自覚があるんですよね.そんな自分なのにプログラマとして生きてきて,しかも先端技術を取りあつかう部署に配属されてしまったので大変なことです.何年間ものらりくらりしてきましたけど流石にアカンとなり再勉強することにしました.

とりあえずすべてに通ずる線形代数をやらねばということで下記の本を買いました.

「意味がわかる線形数学」という,大学1~2年レベルの本です.「線形代数の”線形”ってそもそもなに?」というところから解説してくれるようなめちゃめちゃ親切な本です.

とりあえず今は2章の途中,対角化とか基底とかそこらへんをやっています.再勉強して分かったんですけど,本当になにも分かってなかったということがわかってます…….

数学って知識の積み重ねじゃないですか.前提知識があって次の分野に進める・理解が深まるという.数学苦手な人って前提知識がまっっっっっったくと言っていいほど足りてないんですよね.まぁ西森のことなんですが.

知識が足りてない状態でその先のことが理解できるかといったらまぁ出来ないですよね.世の中では体感的に進めることもあると思いますが,数学なんかは概念の世界だしそもそも定理みたいな前提条件が複雑に絡み合った世界なので無理でした.浅はかなり.

頑張ろう,再学習.